ライフスタイル 節約

【費用?】車検はどこで受けるべき?メリット・デメリットを調べてみた【安心?】

投稿日:

 

先日、自家用車を車検に出しました。

今の車に買い替えて、初回の車検はディーラーにお願いしたのですが、今回はフランチャイズの専門チェーン(コバック)に出しました。

車検って結局どこに出していいのか迷いますよね。

今回、車を車検に出すにあたって色々調べてみたので、今回はそれをシェアしてみたいと思います。

ちょっと長いので、僕が今回コバックで車検を受けた感想だけ知りたい人は、下の目次を開いて、「3.僕はどこに車検を頼んだか」をクリックして下さい。

 

車検とは?

車検とは整備されていない車が公道を走行するのを防ぐために、定期的に点検・整備を義務付けた制度です。

法律で2年に一度(新車の場合のみ3年)車検を受けることが義務付けられています。

車検切れの車で公道を走行することは法律違反で以下の罰則が科せられます。

  1. 違反点数6点
  2. 30日間の免許停止
  3. 6か月以下の懲役または30万円以下の罰金

また車検が切れると、大抵の場合自賠責保険も切れています。自賠責切れで走行した場合には別の罰則があり、

  1. 違反点数6点
  2. 1年以下の懲役または50万以下の罰金

となります。

つまり車検、自賠責の両方が切れていると以下の罰則が科せられる可能性があります。

  • 違反点数12点
  • 90日間の免許停止
  • 1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金

 

費用の内容は?

法定費用

法定費用とは国に払うお金であり、どこで車検を受けても同じ金額がかかります。

自賠責保険、重量税、印紙代が法定費用になります。

金額は車種ごとに異なります(重量やエコカー減税の対象かどうかによって変動)。

この費用を安くすることはできません。

 

自賠責保険は自家用自動車の場合25,830円、軽自動車の場合25,070円です。

重量税は以下のように重量によって設定されています。

車体重量 代表車種 重量税
~1.0t ホンダ フィット 16,400円
1.0t~1.5t トヨタ プリウス 24,600円
1.5t~2.0t トヨタ クラウン 32,800円
2.0t~2.5t トヨタ ヴェルファイア 41,000円
その他 軽自動車 6,600円

エコカー減税対象車は重量税が表よりも割引になりますが、登録から13年以上経過した車は高くなります。

印紙代は大抵の場合1,100円です。

なお、この費用はどこで車検を受けても現金払いとなります(クレジットカード不可)。

 

車検基本料金

その名の通り車検にかかる基本料金です。ここが業者によって異なる部分です。

車検整備料や法定24か月点検や代行手数料などが内訳です。

フランチャイズ業者などは車種ごとにHPに掲載されています。

参考 車検にかかる費用|ホリデー車検

 

部品交換や整備がなければ法定費用+車検基本料金が車検代総額となります。

 

僕の場合は

僕の車は上記の表で重量がプリウスクラス(1~1.5t)。エコカー減税対象車なので重量税は15,000円となりました。

法定費用は自賠責保険25,830円+重量税15,000円+印紙代1,100円=41,930円でした。

コバックで受けましたが車検基本料金は22,457円(割引含む)。部品代・工賃が16,050円、その他サービス料(洗車等)が900円で税込合計は42,560円。

よって最終的な総費用は41,930円+42,560円=84,490円となりました。

 

車検はどこで受けられる?

車検は主に以下の場所で受けられます。

  • ディーラー
  • カー用品店・ガソリンスタンド
  • 民間整備場
  • フランチャイズ店(ホリデー車検、コバック等)

また、自分で検査を行い陸運局に持ち込んで車検をする「ユーザー車検」という方法もあります。(一番安くなりますが、車の知識があり整備が自分で行えること、手間がかかることから一般の人にはおすすめできません)。

 

それぞれの違い、メリット、デメリットは?

ディーラー

ディーラーで車検をする場合のメリット、デメリットは以下のようになります。

★メリット

  • 点検整備の信頼性が高い
  • 自社製車に対しては知識が豊富
  • 電子制御の部分に関してはディーラーでないと点検・整備できないこともある
  • メーカー保証が充実している

★デメリット

  • 費用が高い
  • 何も知らないと必要にないものまで取替される場合がある
  • 店が高い目標を持たされている場合、強引な営業をされることも

「ディーラーの車検は高い!」と思っている方も多いでしょう。その通り実際高いです。

昔は民間の整備場やフランチャイズと比べると信頼度が全然違うとも言われていましたが、最近ではそれほど差もなくなってきています。

ただそれでも、自社の車に一番詳しいのはやはりディーラーでしょう。特に最近の車は電子制御されている部分も多く、そのような車は民間の整備場では対応できない場合もあるようです(ハイブリット車など)。安心を優先するならディーラーにお願いするのが第一候補でしょう。

問題は、何も言わないと大幅に費用が膨らんでしまうこと。ディーラーは「全く問題はないけど交換しておいた方がいい」レベルの部品も最初の見積書に載せてくることが多いです。

もちろん説明を聞いて省くこともできるのですが、何も言わないと必要以上に費用が高くなってしまう危険性があります。

mahalo
高いですが、安心を買っていると思えば仕方ないかもしれません。

 

カー用品店・ガソリンスタンド

カー用品店(イエローハット、オートバックス)・ガソリンスタンドで車検をする場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

★メリット

  • 費用が比較的安い
  • パーツなどを店舗のラインナップから選べる
  • ポイントや特典がもらえる可能性がある

★デメリット

  • 整備品質は?(特にガソリンスタンド)
  • 代車がない場合もある
  • 一日で終わらない(特にガソリンスタンド)
  • 持ち込み、持ち帰りの必要あり

カー用品店やガソリンスタンドで車検をするメリットは費用の安さでしょう。また部品やオイルなども店には取り揃えられているので、それを比較しながらパーツを選ぶこともできます。

オートバックスやエネオスはTポイントと提携しているので、車検でポイントを貯めたり、代金をポイントで支払ったりもできます(法定費用以外)。

整備品質については、オートバックスなどのカー用品店は整備士をそろえて整備品質の向上に努めており、必ずしもレベルが低いとは言えないでしょう。

ガソリンスタンドの場合は、車検や整備は他の整備工場に出す場合が多く、どこの誰が整備するかわからないので、品質にバラツキはどうしても出てきてしまいます。また代車もない場合が多く、引き取りにも来てくれないので、近所でないと無理でしょう。

mahalo
個人的にですが、ガソリンスタンドに車検を出すメリットはあまり感じませんね。

 

民間整備場

民間整備場とは街の整備工場のことです。「○○モータース」や「○○自動車」という店名で営業しているようなところですね。

★メリット

  • ディーラーと比較すれば安い
  • 様々な点で融通が利く(かも)
  • 親しくなればサービスで色々やってくれる(かも)

★デメリット

  • とにかく玉石混交。行ってみなければわからない
  • 土日祝は休みのところも多い
  • カード払いができないことも
  • 比較的時間は長くかかる
  • 電子制御機器等は対応できない場合もある
    *すべて整備工場によります

メリット・デメリットに「かも」とついている項目が多いですが、はっきり言って「その業者による」としか言えないからです。ディーラーやカー用品店、フランチャイズの車検専門業者は各社統一的な整備基準を持っています。だからどこで受けても同じ会社ならば、同レベルの整備を受けられるはずです。

しかし、民間整備業者は本当に玉石混交。口コミなどをあてにするしかありません。

実力がある人に頼めればディーラー以上の整備を安くやってくれる可能性もありますが、何も知らないとボッタクられたり、整備不良を起こされる危険性もあります。

普段から親しくしている業者があればいいですが、そうでない場合は積極的に利用を検討する必要はないのではないでしょうか。

mahalo
いきなり飛び込みで行くのは怖いですね。。

 

フランチャイズ店

車検に特化したフランチャイズ店。ホリデー車検コバックなどが有名ですね。

★メリット

  • 価格がとにかく安い。他社の見積もりを持っていくと合わせてくれることも。
  • 割引メニューも豊富
  • 指定工場であることが多く、問題なければ一日で終わる
  • マニュアルや基準が整備されており、整備品質が高い
  • 整備員が直接車を見ながら説明してくれる
  • 代車も高い確率で用意されている

★デメリット

  • 引き渡し、引き取りは自分で行わなくてはいけない
  • 最小限の人数でやっているところも多く、早く予約しないと取れないこともある
  • 何も言わないと点検・整備は最小限になる

「安くて早い」が特長のフランチャイズ車検専門店。こう聞くと品質は?と思いますが、きっちりマニュアル化されているので品質も十分です。

行ってみればわかりますが、運営がとても合理化されています。

営業マンはおらず、事務員も最小限。整備士の方が電話・顧客対応まで行っています。安さは合理的な運営によるものだとわかります。

代車も無料で借りれる所も多いのも助かります。

整備ポイントについても実際に車を見ながら説明してくれます。

ただ、基本的にディーラーとは逆に最低限の整備をすすめてくるので、気になるところをきちんと言わないと、そのままになってしまう可能性もあります。

また休日は非常に混雑しており、予約は必須です。期限ギリギリだと受けられない可能性もあるので、ご予約はお早めに。

mahalo
走行距離も短い、車に特に異常もないという方はここが一番いいと思います

 

スポンサーリンク

 

僕はどこに車検を頼んだか

今回僕はどこに出したかというと「コバック」です。

最初にディーラーに行ったのですが、案の定かなり高い見積もりを提示されました。

想定の範囲内ではあったのですが、ちょっと強引に多くの部品交換を勧めてくる姿勢が目立ち、不信感を抱いてしまいました。(2年前にも初回車検にも関わらずガッツリ交換したんですが、、)

なので他の業者でも見積もりを取ってみることにしました。

ちなみに楽天車検で見積して車検を受けると楽天ポイントがもらえてお得です。

 

ディーラーで取った見積もりが16万円、それに対してコバックが提示してきたのは約10万円。6万円も差があります。

もちろん整備内容は全く違います。ディーラーは必ずしも至急交換する必要のないものも全て乗せてきています。

それに対してコバックは「車検を通すために必須のところ」と「至急変えた方がいい部品」のみの見積です。

ディーラーの見積も見せましたが、全く交換の必要のないものも含まれているとのこと(もちろんディーラーでも「必ずしも交換の必要はない」という説明はありましたが「それでも変えた方がいい!」とちょっと強引に勧めてきました)。

現在特に車に異常もないですし、定期点検等もきちんと行って整備しているので、今回は安く済まそうと思ってコバックにしました。

 

利用した感想

年末に楽天車検から見積依頼をしたところ、お店から電話がかかってきました。

車種・年式などを聞かれ答えるとおおよその見積金額をその場で回答してくれました。

なお、中型車で「スーパーセーフティコース」を受ける場合の目安料金は以下の通りです(もちろん部品交換が必要な場合は追加となります)。

コバック車検費用出展:コバック

ディーラーで見積もりを取ったら車検料+代行手数料で4万円程度だったので、確かに安いですね。

正式な見積もりは来店が必要とのことでその電話で予約しました。

 

予約日時に店舗訪問。早速車を預け、見てもらいます。

待つこと15分ほどで見積もりが出てきました。

金額は約10万円。ディーラーと比較するとこの時点で6万円ほど安いです。

整備士の方が一つ一つの項目を丁寧に説明してくれました。

金額も説明内容にも納得したので、その場で車検の日時を予約。

休日はほぼ埋まっていたので、予約は平日にしました(平日割引もある)。

 

車検当日は朝の9時半に納車して17時半の引き取りとなります。

代車は無料。ガソリンも走行距離50km以内なら給油の必要なしなので助かります。

引き取りの際には今回整備した箇所や、今後気を付けるポイントなどを実際に見ながら説明してくれて、非常に参考になりました。

最終的に一部の部品の交換を削ったため、料金も8万5千円弱で済みました。
*内訳は上記の通り

 

整備がきちんとされているかは、もう少し乗ってみないとわかりませんが、対応や会計の明瞭性については非常に満足のいくものでした。

 

どこを選ぶかは何を優先するかで決めるべき

結局のところ、どこで車検をしても一長一短があります。

どこに車検を出すかは何を優先するかで決めるべきでしょう。

例えば毎日の通勤で使って走行距離も長くなっている場合などは、安全性を重視してディーラーで受けた方がいいでしょう。

逆に土日にちょっと買物に使うだけのような場合は、フランチャイズ店で安く済ましてもいいでしょう。

前回ディーラーでガッツリ部品も入れ替えて整備した場合は、次は格安店でもいいかもしれません。

 

ただ、ディーラーも昔と比べると安くなっていますし、きちんと主張して無駄な工賃や部品代を省けば、それほど大きくは他の業者と変わらなくなります。

その他の民間業者に関しても昔は整備技術が低いなどと言われてきましたが、最近では整備士の有資格者をそろえるなど整備技術は向上しています。

全体としては大きな差がなくなってきているとも言えます。

 

車検をどこに出すかは、見積金額や業者の対応を比して、自分に合った業者を選べばいいのではないでしょうか。

 

安くするためには正しい運転と普段の点検が重要!

色々比較してきましたが結局のところ、直すところが少なければ安くなる訳です。車検に通らないような箇所が多くなれば、どこで受けても高くなります。

そのためには普段から整備を怠らないことと正しい運転を心掛けることが大事なんですよね。

また、車を使用するなら最低限の車の仕組みや部品の知識は知っておいた方がいいでしょう。何も知らないと相手の言いなりになりかねません。

車検はいい機会なので、車について勉強してみるのもいいのではないでしょうか。

まず読んでほしいおすすめ記事!

1

最終更新 2018年3月29日   先日、マルイが高級時計のレンタルサービスを11月23日から有楽町店で開始するというニュースが流れてきました。 参考 高級腕時計の月額レンタル「KARITO ...

2

  株式投資で成功する人の特徴として「記録をつける」ことがよく挙げられます。 投資で勝つ人は必ず投資記録をつけています。記録を見ながら自分のトレードを分析し、自分なりの勝ちパターンを見つけて ...

3

こんにちは!mahaloです。 一発目の記事で何を書こうか迷っていたのですが、とりあえず読書好きの僕が今年読んで「面白い!」「ためになった!」という本を紹介してみたいと思います。紹介した本を見ると僕の ...

4

  花粉症のツライ季節になってきた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 3月、4月は新生活を始める方も多いのではないでしょうか。 僕も仕事で新たな活動を開始して忙しくなってきました。 ...

5

  皆さん「趣味は何ですか?」って聞かれたら何て答えます? 僕は正直、この質問を聞かれることが好きではありませんでした。 特に人に言えるような趣味なんてなかったからです。いつも「読書」とか「 ...

6

  新入社員のときから使っていたポーターのバッグが、さすがに限界になってきたので新しいバッグを探していました。 今までは手さげとショルダーの2wayで使用していましたが、荷物をたくさん入れた ...

7

「年100冊以上の本を読む僕が厳選した、サクッと読める面白い本まとめ」に書いたように、僕は年間100冊以上本を読んでます。 仕事をしながら100冊読むためには、通勤時間や移動時間などを利用して読むのが ...

-ライフスタイル, 節約
-, , ,

Copyright© Life Time Value , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.