スマホアプリ

【Android】画像キャプチャ&加工アプリ「Screen Master」は注釈入れにすごく便利【矢印・モザイク】

投稿日:

色々な人のブログを見ていると、Webやアプリの画面に赤い矢印や文字を入れて、アプリなどの使用方法を説明している図をよく見かけますね。

こんなの

これってどうやって作ってるのでしょうか。

iOSならskitch、windowsならscreenpressoがありますが、Androidではskitchが使えなくなってしまい、代わりとなるようなアプリも無かったように思います(僕が見つけられなかっただけかもしれないですが)。

僕もスマホはAndroidなので、画面キャプチャに注釈を入れるときは、これまでは一度キャプチャ画像をパソコンに取り込んで作業していました。

面倒臭いので、いいアプリがないかと色々探索していて見つかったのが「Screen Master」です。まだ新しいアプリなのか、ダウンロード数もまだ多くはなく、紹介しているブログなども見つかりませんでした。

しかし使ってみた感じはすごくいいです。最小限の機能ですが、十分。

今回は簡単にこのアプリ「Screen Master」を紹介してみたいと思います。

 

Screen Master

キャプチャ・加工方法解説

ここからはScreen Masterを使ってのキャプチャ・加工方法を解説します。

とは言っても簡単です。

アプリを開くとこの画面になります。左側の「捕捉」を押すとキャプチャの設定画面へ、右のイメージ注釈を押すとスマホのストレージから写真を選択して加工することができます。

「捕捉」を押すとこの画面になります。

設定はこのままで、青い「キャプチャを開始」を押します。

すると「ダブルクリックして直接保存」の選択欄の左横に、グレーの小さい丸が現れました。

「キャプチャを開始」ボタンをオンにしておくと、この丸印が常に表示されるようになり、これを押すことでスクリーンショットを撮影することができます。

撮影したスクショはすぐに編集することができます。便利ですね。

 

ここからはストレージ内の写真を加工していきます。

kindle端末の紹介で使用した写真に注釈を入れてみます。

まずは矢印を追加。

↗のアイコンを選択して、挿入したいところをスワイプするだけ。長さや場所は微調整可能です。

矢印等のマークは色を変えることもできます。

 

次にアイコンを入れてみます。

アイコンを選択して、

挿入したいところをタップするだけ。大きさや角度も調整できます。

次に文字を入れてみます。

文字も挿入したい場所をタップし、テキストを入力するだけ。フレーム(縁取り)やフォントの色、背景やフォーマットの調整も可能です。フォントファミリーは変更不可のようです。

1分ちょいくらいで注釈入りの写真ができました。簡単な操作で写真やスクショに注釈を入れることができます。

 

その他の機能

その他にも様々な機能が用意されています。

モザイク機能

入れたい場所を指でなぞる、もしくは範囲を選択することでモザイクを入れることができます。

モザイクの強度も指定することができます。

 

トリミング機能

画像のトリミング、サイズ変更も簡単にできます。

もちろん手書きも可能

矢印や丸、四角の定型だけでなく、手書きをすることもできます。

 

有料版と無料版の違いは

今回紹介したのは有料版(400円)ですが、正直、広告が表示されない以外に何が違うのかわかりませんでした。

機能は無料版と違わない様なので、いきなり有料版を買う必要はないように思います。

何か違いがわかったら、あらためて追記します。

 

まとめ

・機能は「スクリーンショット」、そして撮影した画像の「矢印、図形、文字等の挿入」「トリミング」「スタンプ」「モザイク加工」。

・有料版と無料版の違いは広告非表示以外よく分からない。

・skitchと同等の機能

 

気になったら、一度試してみて下さい!

Screen Master: スクリーンショット & 写真のマークアップ

Screen Master: スクリーンショット & 写真のマークアップ
開発元:Blossgraph
無料
posted with アプリーチ

-スマホアプリ
-, , ,

Copyright© Life Time Value , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.