Amazon 役立つテクニック集

集中力アップのためにアレクサでポモドーロ・テクニックを試してみた

投稿日:

 

昨年末からブログや仕事での資格試験の勉強で、かなり忙しい状態です。

限られた時間を有効活用するためには、一つのことを集中して取り組む必要があるのですが、僕はどうも苦手です。

ブログ書こうとしてブラウザを開いても、すぐに取り掛かれずネットサーフィンを始めてしまいます。

いい加減にしないと何も進まないので、集中力を高める方法を色々と探してみました。

そこで見つけたのが「ポモドーロ・テクニック」という方法です。

まだ始めたばかりなので効果の程は十分に検証できていませんが、数回やった時には集中力がいつもより持続しました。

今回はポモドーロテクニックとは何か、どんな効果があるのかを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロ・テクニックとは短い時間の集中タイムを繰り返すことで集中力や効率を上げようとする手法です。

具体的には以下のように行います。

1.集中すべきこと(タスク)を決める

2.時間を25分に区切り、その時間はタスクに集中する

3.25分過ぎたら5分休憩する

4.数回繰り返したら長い休憩をとる

25分の集中タイムのことを「ポモドーロ」と言います。

ポモドーロの間はタスク以外のことは禁止。電話もメールも来客も家族との会話もダメです。

中断してしまった場合は最初からやり直しになります。

 

メリットは?

ポモドーロ・テクニックのどのようなところがメリットなのでしょうか?

短い時間設定のため、タスクにすぐに取り掛かれる

人間は苦しいことが嫌いです。だから「2時間集中して勉強しよう!」という苦しい計画を立てると、どうしても取り掛かるまでに心理的な抵抗が発生します。

「とりあえず25分頑張ろう」と短い時間で区切ると、心理的な抵抗感が減り、タスクにすばやく取り掛かれるようになります。

25分でも大変という人は、もう少し短い時間から始めてみるのもいいかもしれません。

 

集中力が持続し記憶が定着しやすい

東京大学薬学部の池谷裕二教授が行った、中学1年生を「60分×1セット」で学習するグループと「15分×3セット(45分学習+15分休憩)」で学習するグループに分け、中学2,3年生レベルの英単語を覚えてもらう実験では、学習時間の短いはずの「15分×3セット」のグループが1週間後のテストでは好結果だったとのことです。

その実験を受けて池谷教授はこのように分析しています。

この結果から、学習の合間の休憩やリフレッシュが、学んだことを定着させるのに有効であるという可能性があり、長時間学習よりも短時間で集中する“積み上げ型学習”の方が、学習成果を長期的に身に付けるという点では、効果を発揮することを示唆しています。

出展:集中力の維持と長期的な学習効果につながる方法 (東京大学・池谷裕二教授の見解)|朝日新聞デジタルより一部引用

この実験では各グループの脳波も計測しており、60分グループが集中力が右肩下がりなのに対して、15分×3グループは適度に休憩を挟むことで集中力が回復し、トータルでも高い集中力を維持できていることが観測されています。

今回の実験結果を受けて、池谷教授は「脳波を見る限り、集中力やガンマ波のパワー回復に差異が見られました。休憩を挟むことは集中力の維持に寄与し、より少ない学習時間にも関わらず長期的に見て高い学習効果を発揮する可能性が示唆されます」と総括。

出展:集中力の維持と長期的な学習効果につながる方法 (東京大学・池谷裕二教授の見解)|朝日新聞デジタルより一部引用

ポモドーロ・テクニックを行うことで結果的に長い時間集中してタスクに取り組めます。

mahalo
「〇〇時間勉強した!」って言っても、最後の数十分はほとんど何も頭に入ってなかったりするんですよね~。

 

作業時間が見積れるようになる

ポモドーロ・テクニックを繰り返して行うことで、あるタスクに対してどれくらいの時間が必要かわかるようになります。

例えばブログを書く場合。

1つの記事を書くのに何ポモドーロ要したかを記録していくことで、自分の作業スピードが理解でき、ブログ一記事を書く時間を見積もることができるようになります。

例えば3000字の記事を書くのに要した時間が3ポモドーロ(25分×3)だとすると、1ポモドーロあたりで1000字書けるということになります(もちろん記事の構想の時間は除きます)。

このように作業時間を見積もることができるようになれば、隙間時間を有効に活用できるようになります。

 

スポンサーリンク

 

テクニックを活用するために

タスク管理アプリなどと併用して使う

先日今年こそ悪習を断ち切りたい人におすすめの無料習慣化アプリ様々なタスク管理・習慣化アプリを紹介しました。

ポモドーロ・テクニックはこれらのタスク管理アプリと組み合わせて使うのがいいでしょう。

集中タイムに入る前に「やるべきこと(タスク)」を決めておく必要があります。集中タイムに入ってから「何をやるか」を考えては意味がありません。

また、上記のようにタスクを完了するのに何ポモドーロ必要だったかをあわせて記録していくと、今後の作業見積にも有効活用できます。

 

時間は柔軟に変更する

25分+5分休憩のセットが推奨されていますが、時間は自分の状態にもあわせて柔軟に変更して運用するのがいいでしょう。

集中力が続いているのに無理やり中断する必要もありません。そのまま作業を継続してもOKです。

ただ集中力の限界まで継続してしまうと回復に時間がかかって、逆効果になるかもしれません。

mahalo
自分のペースや状態に合わせて柔軟に行うことが大切です。目的は「集中力を持続させる」ことですから。

 

アレクサスキルで管理できる

もともと僕がこの手法を知ったのはアレクサのスキルを調べていた時です。やってみようと思ったのも、「すごいテクニックだ!」と感じたからではなく、「アレクサが活用できる!」と思ったからです。

実際にやってみると、意外に効果がありそうだったので続けています。

使い方は、「集中タイム」というスキルを有効化することで自動的に25分と5分の休憩を計測して知らせてくれます。

集中タイム中は波の音や虫の鳴き声を環境音として流してくれるので、リラックスして集中しやすくなります。

もちろん時間が管理できればいいので、アレクサが無い人はキッチンタイマーでもOKです。

mahalo
スマホは集中が切れる原因になるのでタイマーとして使うのはやめた方がいいです。

 

まとめ

このテクニックを使い始めてまだ1週間ほどですが、ブログを書く時間が早くなりました。

以前は記事を書いている途中にデザインカスタマイズやネットサーフィンを始めてしまうことも多かったのですが、ポモドーロテクニックを始めてからは、そのような横道に逸れることが無くなりました。

まぁ実際には、新しいテクニックや管理を始めたときはモチベーションも高いので効果が出やすかったりするものなので、どれほどの効果が本当にあるかはもう少し継続してみないといけません。

ただ、継続するのに苦痛なテクニックではないので、意志力が弱いと感じている人こそ活用して欲しいテクニックですね。

mahalo
僕のように根性論嫌いな人には向いてると思います。

しばらくしたら、効果測定もしてブログで報告したいと思います。

それでは!

 

 

 

まず読んでほしいおすすめ記事!

1

最終更新 2018年3月29日   先日、マルイが高級時計のレンタルサービスを11月23日から有楽町店で開始するというニュースが流れてきました。 参考 高級腕時計の月額レンタル「KARITO ...

2

  株式投資で成功する人の特徴として「記録をつける」ことがよく挙げられます。 投資で勝つ人は必ず投資記録をつけています。記録を見ながら自分のトレードを分析し、自分なりの勝ちパターンを見つけて ...

3

こんにちは!mahaloです。 一発目の記事で何を書こうか迷っていたのですが、とりあえず読書好きの僕が今年読んで「面白い!」「ためになった!」という本を紹介してみたいと思います。紹介した本を見ると僕の ...

4

  花粉症のツライ季節になってきた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 3月、4月は新生活を始める方も多いのではないでしょうか。 僕も仕事で新たな活動を開始して忙しくなってきました。 ...

5

  皆さん「趣味は何ですか?」って聞かれたら何て答えます? 僕は正直、この質問を聞かれることが好きではありませんでした。 特に人に言えるような趣味なんてなかったからです。いつも「読書」とか「 ...

6

  新入社員のときから使っていたポーターのバッグが、さすがに限界になってきたので新しいバッグを探していました。 今までは手さげとショルダーの2wayで使用していましたが、荷物をたくさん入れた ...

7

「年100冊以上の本を読む僕が厳選した、サクッと読める面白い本まとめ」に書いたように、僕は年間100冊以上本を読んでます。 仕事をしながら100冊読むためには、通勤時間や移動時間などを利用して読むのが ...

-Amazon, 役立つテクニック集
-, , , , ,

Copyright© Life Time Value , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.