Amazon レビュー

スマートスピーカー「Amazon Echo」が日本上陸。でも一体何ができる?

投稿日:2017年11月11日 更新日:

11/16 追記

ついに日本でも発売が決まったスマートスピーカー「Amazon Echo」。

アメリカでは既に発売されていて、1000万台以上を売り上げたとも言われています。

先月にはGoogle Homeが発売されたばかり。日本でもついにスマートスピーカーの覇権争いが始まった感じですね。

ただ、僕たちのような一般社畜たちにとっては、「スマートスピーカー Amazon Echo上陸!」って言っても、自分とは遠い話のように思ってる人もいるのではないでしょうか。

そのような人達のために、今回は「Amazon Echo」がどのようなものなのか?何ができるのか?ちょっと調べたので解説してみたいと思います。

そんなに値段が高いものでもないので、「本当にスマートスピーカーで生活は変わるのか」試してみてもいいんじゃないでしょうか。


そもそもAmazon Echoって何?

「スマートスピーカー」との名の通り、基本的には「スピーカー」です。

普通のスピーカーとの大きな違いは「人間の声を聞き取り、認識することができる」ことです。

Amazon EchoはAmazonが開発した人工知能音声認識システムAlexa(アレクサ)を利用した製品です。

Appleの「Siri」やマイクロソフトの「Contana」と同じようなものですね。

出典:Amazon.com

Amazon Echoに「アレクサ、○○して」と話しかけることで、アレクサがそれを認識して、適切な返答を返してくれます。

例えば「アレクサ、今日の天気を教えて」というと「今日の天気は晴れのち曇りです」と返答してくれます。

ハンズフリーで声だけで動作してくれるのが、大きなポイントですね。

使えば使うほど学習する

Alexaは学習機能を備えたクラウドベースの人工知能です。

みんなが使えば使うほど語彙が増えていき、賢くなっていきます。

最初は上手く認識できなかった言葉が、次第に認識されていくようになる可能性もあるとのこと。

その人の好みなども学習して覚えていくようなので、使用するほど使い勝手がよくなるかもしれません。

有能な秘書代わりになりそうですね。変なこと覚えられたら怖い気もしますが...

AlexaがEchoシリーズの実体

結局、Echo本体はスピーカーに過ぎず、実体はこのAlexaなわけです。

Alexaが進化すればするほど、Echoの機能も向上していくことになります。

 

何ができるの?何が便利になるの?

でも、これだけじゃ魅力的だとは思えないですよね。天気なんて確認しようと思えばすぐにできます。

便利なのは「スキル」と連携して様々な機能が利用できることです。

スキルとは?

出典:Amazon.com

「スキル」とはアレクサ専用の「アプリ」のようなものです。

スキルはAlexaスキルストアから無料で入手でき、有効化することで利用できるようになるとのこと。

今のところ(2017年11月11日現在)の発表では、265のスキルが利用できるようになるそうです。

詳しくはこちら ⇒ Alexaスキルガイド - Amazon.com

 

使えそうなスキル

これだけじゃよくわからないと思うので、いくつか使えそうなスキルを紹介します。

①クックパッド

出典:Amazon.com

クックパッドのスキルを利用することで、「アレクサ、トマトを使ったレシピを教えて」「アレクサ、鶏肉の香草焼きのレシピを教えて」と言えばそのレシピを読み上げてくれるそうです。

料理してると手が汚れてスマホを触れなかったりしますよね。でもレシピを見たい。そんな時に役に立ちそう!

 

②アルク(英語学習)

僕は英語学習にアルクの「キクタン」を利用しているのですが、「アレクサ、キクタン開いて」「アレクサ、英語クイズを開いて」と言うと、キクタンの単語を再生したり、英語のクイズを出してくれたりするそうです。

テキストやアプリを開かなくてもすぐに学習できるので、便利そうですね。スマートスピーカーは英語学習との相性は良さそうです。

参考記事 ⇒ 語学教育のアルク、英語学習に役立つAmazon Alexa スキルとして「キクタン」など計4タイトルを開発

 

③Amazon Music

前回記事でも紹介したAmazon Music。もちろん連携します。

「アレクサ、AKB48の曲をかけて」と言えば、すぐに曲をかけてくれます。

またアレクサは学習能力のあるシステムなので、繰り返し利用していると個人の好みを把握して「アレクサ、おすすめの曲をかけて」と言うと、その人の好みに応じた曲を選択してかけてくれるとのことです。

夜、眠れないときに「アレクサ、静かな音楽をかけて」といえば、わざわざ起きてスマホを触る必要もないので便利ですね。

 

その他にも便利そうなスキルがたくさん

スキル 機能
 食べログ お店検索
ピカチュウトーク ピカチュウとトーク
初音ミク 初音ミクと音声会話
Abema TV 番組再生
iRobot ルンバを起動
LEAF(日産) 充電量をお知らせ
DELISH KITCHEN レシピ検索
dヒッツ 音楽再生
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュース
スシロー
お持ち帰りすし
持ち帰りすしの注文

料理するときは手が離せなくなるので、レシピ系のスキルはAmazon Echoと相性がいいかもしれませんね。

あと、外食の持ち帰り注文。スシローやすき屋が対応するみたいですが、いちいちスマホでアクセスしなくても喋るだけでできるのなら便利かもしれません。

買ったら色々と使ってみたいです。

 

スキル一覧はこちらのサイトで確認できます(機能まではまだよくわかりませんが)

https://robotstart.info/2017/11/08/alexa-skill-japan.html

11/16 追記
各社スキルを紹介したサイトのリンクを貼っておきます。

 

スキルは今後も増えていくと思う

スキルは開発方法が公開されているので、サードパーティ(第三者)の開発者がスキルを開発することができます。

アメリカでは発売当初100個だったスキルが、現在では10000以上になっています。端末の普及に合わせてスキルが増えていき、さらに端末が売れるという相乗効果ですね。

日本でもEchoの売れ行きが好調であれば、他の企業も参入することが考えられます。そうなればスキルの数も増えていき、より「使える」製品に進化していくと思います。

家電と連携して声だけでスイッチON,OFF

対応した家電と連携することで、音声だけで照明のスイッチON,OFFや施錠をしてくれるシステムです。

スマートホームってやつです。

対応した家電はまだ少ない印象ですが、これもスキル同様、Amazon Echoが普及してくると爆発的に増えてくることも予想できます。

今後に期待ですね。

機種ごとの違いは何?

今回日本で発売されるのは3種類です。違いはどこでしょうか。

スペック比較

 

Echo dot

Echo

Echo Plus

価格 \5,980 \11,980 \17,980
特徴 コンパクトサイズ 高機能スピーカー スマートホームハブ
内蔵
スピーカー
サイズ
0.6インチ 2.5インチウーファー
0.6インチツイーター
2.5インチウーファー
0.8インチツイーター
サイズと
重量
32 x 84 x 84 mm
163g
148 x 88 x 88 mm
821g
235 x 84 x 84 mm
954g
内蔵スマート
ホームハブ
による簡単
セットアップ
なし なし あり

「dot」とそれ以外の二つの違いは主にはスピーカーの性能ですね。「Echo」,「Echo Plus」は360°全方位スピーカーのため、音の質はかなり「dot」と比べると良くなるのではないでしょうか。

実際に聞いてないので、現時点では評価はできませんが、音楽を楽しみたいのであれば上位製品を買った方がいいかもしれません。

ただ、「dot」でも外付けスピーカーに接続可能なので、高性能のスピーカーを持っている人はdotでも十分かもしれませんね。

この辺は発売されてからの評価待ちでしょうね。

Echoは専用カバーを買うことで好みのカラーに

Amazon Echo color variation

出典:Amazon.com
左からチャコール、サンドストーン、ヘザーグレー

Echoは「チャコール」「サンドストーン」「ヘザーグレー」の3色がデフォルトでは用意されていますが、別売りのファブリックカバーを購入することで、後から色を変えることもできます。

部屋のイメージに合わなかった場合には、違う色にしてみるのもいいでしょう。

 

どうやったら買えるの?

購入は招待制

購入するためには、Amazonのページから招待メールをリクエストする必要があります。

echo plus購入ページ

出典:Amazon.com

 

招待メールをリクエストすると、数週間以内に招待メールが届き、それから実際に購入可能になるようです。

僕もリクエストはしましたが、実際にはまだメールは来てません。

 

プライム会員には割引あり

kindle、Amazon Musicに続きここでも来ました。プライム会員向けの割引。

プライム会員で11月17日までに招待メールをリクエストした人「dot」が2,000円引きの3,980円、「Echo」が4,000円引きの7,980円となります。

はっきり言って、Amazon利用するならプライム会員に入らないと全然メリットありません。

気になる方はこちらからチェックしてみて下さい。
Amazon プライム会員に入会する


 

スマートスピーカーの未来は

色々と解説してきましたが、商品自体まだ誰も利用しておらず(日本語版の話です)、どれくらいの精度で日本語を認識してくれるのか、意図を正確に読み取ってくれるのか現段階ではわかりません。

そもそも使って便利なものなのか?という疑問もまだ残っているとは思います。

ただ、アメリカではスマートスピーカーの利用者は3000万人を超えたとされています(出典:eMarketer)。*ちなみに、そのうちのアマゾンのシェアは7割。

アメリカでは使い勝手がある程度評価されているということなんでしょうね。

市場は拡大が予測されており、それに合わせてスキルや周辺機器の開発も進んでいくことが予想されるので、今後益々使い勝手が良くなる可能性も高いです。

まだまだ懐疑的に見る人も多いでしょうが、5年後にはスマホに次ぐ個人インフラの地位を占めているかもしれません。

 

まとめ

  • 「Amazon Echo」とは音声認識AIを備えたスピーカー。
  • 言葉で操作できるスマホのようなもの。ニュースや天気を読んでもらったり、レシピを調べたり、寿司や弁当の予約が喋るだけでできる。
  • 「スキル」はスマホで言う「アプリ」。これを利用することで様々なことができる。
  • プライム会員は割引あり。

気になった方はぜひチェックしてみて下さい!

 

まず読んでほしいおすすめ記事!

1

最終更新 2018年3月29日   先日、マルイが高級時計のレンタルサービスを11月23日から有楽町店で開始するというニュースが流れてきました。 参考 高級腕時計の月額レンタル「KARITO ...

2

  株式投資で成功する人の特徴として「記録をつける」ことがよく挙げられます。 投資で勝つ人は必ず投資記録をつけています。記録を見ながら自分のトレードを分析し、自分なりの勝ちパターンを見つけて ...

3

こんにちは!mahaloです。 一発目の記事で何を書こうか迷っていたのですが、とりあえず読書好きの僕が今年読んで「面白い!」「ためになった!」という本を紹介してみたいと思います。紹介した本を見ると僕の ...

4

  花粉症のツライ季節になってきた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 3月、4月は新生活を始める方も多いのではないでしょうか。 僕も仕事で新たな活動を開始して忙しくなってきました。 ...

5

  皆さん「趣味は何ですか?」って聞かれたら何て答えます? 僕は正直、この質問を聞かれることが好きではありませんでした。 特に人に言えるような趣味なんてなかったからです。いつも「読書」とか「 ...

6

  新入社員のときから使っていたポーターのバッグが、さすがに限界になってきたので新しいバッグを探していました。 今までは手さげとショルダーの2wayで使用していましたが、荷物をたくさん入れた ...

7

「年100冊以上の本を読む僕が厳選した、サクッと読める面白い本まとめ」に書いたように、僕は年間100冊以上本を読んでます。 仕事をしながら100冊読むためには、通勤時間や移動時間などを利用して読むのが ...

-Amazon, レビュー
-, , ,

Copyright© Life Time Value , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.